大阪の産婦人科ランキング【豊中・箕面・吹田エリア】
大阪の豊中・箕面・吹田の産婦人科選びで迷ったらここをチェック!

先輩ママ直伝 産婦人科の選び方

ここでは、大阪で出産する人に向けた産婦人科の選び方を紹介しています。市民病院と一般クリニックとでは、費用や対応など、どのような違いがあるのかについてまとめています。

産婦人科の選び方~大阪編~

産婦人科の選び方 大阪編

産婦人科の選択肢として、まず、市民病院と一般クリニックがあります。両者のメリットとデメリット、先輩ママの口コミをまとめてみました。

市民病院

市民病院のメリット

  • 医療設備が充実している
  • 他科との連携により、万一の場合でも迅速な対応ができる
  • NICUがあるところもある
  • 出産費用が安い
  • 妊婦に既往歴があるなど、ハイリスク妊娠にも対応している
  • 大部屋が多いので友だちを作りやすい

市民病院のデメリット

  • 食事が病院食であることが多い
  • 個室が少ない
  • 健診の先生が毎回変わる
  • 待ち時間が長い

市民病院で出産をするポイントとしては、総合的に大きな安心感が得られることが挙げられます。何らかの問題で検査が必要となった場合でも、母子ともに迅速に対応してもらえます。他の検査機関に依頼する個人病院よりも検査結果が早く、各診療科の医師同士で連携が期待できます。

その一方で、どうしても医師との関係性は希薄になりがちです。複数の医師が代わる代わる担当していると、親しみがわきづらくなります。市民病院を利用する際には、話のしやすい看護師やスタッフをひとり探しておき、医師に直接相談しづらいとき仲立ちしてもらうようにすると良いでしょう。

市民病院で出産した先輩ママの口コミ

出産のときから小児科の先生が立ち会ってくれて、産後も直接検診をしてくれるので安心でした

個人病院よりも費用が安く、母乳外来もある病院だったので安心して出産できました

検査項目が多いので安心できます。医療設備も充実しているので、万一のことがあっても安心です

一カ月健診の人数が多く、半日以上待たされました

お風呂やトイレが病室から離れていたので大変。大部屋だったので人の出入りが多く、気が休まりませんでした

一般/個人クリニック

一般/個人クリニックのメリット

  • 食事に力を入れているところが多い
  • 個室が多く、部屋がきれい
  • 産後エステやマッサージなどのサービスがあるところが多い
  • アットホームなところが多い
  • 部屋にトイレやシャワーがついていることが多い
  • 母子同室が多い

市民病院のデメリット

  • 出産費用が高め
  • 緊急時は総合病院などに搬送される

個人病院ではさまざまなことに関して、柔軟性が高いことが魅力といえるでしょう。個室の病院が多く、家族の宿泊を許可しているところもあります。規則が比較的ゆるやかで、個人の希望にできる限り沿った対応をしてくれます。ミルクやおむつなどが数種類提供されており、いろいろ試せる病院もあるようです。食事の質が得に高いなど、病院ごとに個性があるので、個人病院を選択する際には事前に良く調べておく必要があります。

個人クリニックで出産した先輩ママの口コミ

クリニック内はとてもきれいで、個室だったので静かでした。おやつもおいしかったです

個人クリニックは、サービス面でとても充実していると思います。個室なのでほかの人に気を遣わなくてもいいし、食事もおいしいし、プレゼントもたくさんもらえました

設備や食事がとても充実していて、入院生活が快適でした。もう一度入院したいくらいです

待ち時間が少なかったです。先生が良心的で、細かく丁寧に説明してくれました

クリニックにもよるのでしょうが、市立病院で出産した友達と比べて、トータルで15万円以上も費用が高くなってしまいました

どっちがいい?私からひとこと


どっちがいい?私からひとこと

私は、一人目は里帰り出産で、市民病院で産んだのですが、確かに、出産費用は安めでした。ただ、大部屋だったのですごく気疲れした覚えがあります。

二人目は一般クリニックでした。個室だったのでのんびり過ごせましたし、食事もおいしく、いろいろなサービスが受けられて大満足でした。もっと入院していたかったくらい。費用も、一般クリニックの中ではかなり手ごろだったと思います。

一生のうちに何度もあることではないので、出産のときくらい贅沢な気分を味わってもいいですよね。

市民病院は予算をかけたくない人や、お産への不安感が強い人に向いています。入院中の環境にこだわりがないのであれば、市民病院でも不満なく過ごせるでしょう。知らない人と話すのがわずらわしいというタイプや、できるだけ快適な環境で過ごしたい人であれば、個人病院を選択するのがおすすめです。双方のメリットとデメリットを良く理解した上で、状況や自分の気持ちに合った病院選びをしていきましょう。