大阪の産婦人科ランキング【豊中・箕面・吹田エリア】
大阪の豊中・箕面・吹田の産婦人科選びで迷ったらここをチェック!

先輩ママ直伝 産婦人科の選び方

産婦人科を選ぶ際、女医でも男性医師でもどちらでもOKという人もいれば、男性医師では抵抗があるので女医がいいという人もいます。男性医師、女医、それぞれのメリット・デメリットをまとめていますので、大阪で産婦人科を選ぼうとする人は、ぜひ参考にしてください。

産婦人科は女医がいい?男性医師でも大丈夫?in大阪

女性医師でよかったor 嫌だった、男性医師でよかったor嫌だったという先輩ママの口コミをまとめてみました。

女性医師

女性医師でよかった

はじめての産婦人科は抵抗がありましたが、女医さんということで安心していくことができた。

女性ならではの細かい気配りにリラックスできます。

同じ女性ということで、緊張もせず、自分の状態なども説明しやすかったです。

ざっくばらんで話が早いので、私は女医さんがいいです。

女性医師は嫌だった

治療が乱暴だった。

同じ女だからなのか、ときどきデリカシーのない発言をすることがある。

女医さんの内診は痛かったけど、院長先生(男性)の内診はぜんぜん痛くありませんでした。

女医さんは人気があるので待ち時間が長くなる。

女医がいるクリニックをチェック
大阪北摂エリアの産婦人科を徹底比較しています>>

男性医師

男性医師でよかった

男性医師でしたが、心のケアまでしてくださる先生で信頼できました。

痛みのわかる女性医師よりも、男性医師のほうが丁寧に診察してくれる。

出産直前も入院中も、よく様子を見に来てくれたり、優しくて信頼できる先生でした。

男の先生は、女性の痛みや悩みが解らないからこそ、一生懸命診てくれる気がします。

男性医師は嫌だった

雑な処置を受けたことがある。男性には女性の痛みがわからないことが多い気がする。

セクハラまがいの診察を受けたことがあるので、もう男性医師はイヤ。

デリケートな悩みは男性には言いたくないし、わからないと思う。

男の先生だと、病状などを聞くときに恥じらいが出てしまう。

口コミから浮かび上がる男性医師と女性医師の違い


口コミから浮かび上がる男性医師と女性医師の違い

口コミでは男性医師、女性医師それぞれに対しての経験が語られていますが、ある一定の傾向はあっても一概に男女の違いとはいえない部分もあるようです。残念ながら男女に関係なく乱暴であったり、フォロー不足の医師は存在します。男性だから女性だからという先入観を持たず、技術や人間性で見ることも大切です。

一般的に男性医師は患者に対しては、丁寧で親切に接しており、どちらかというと女性医師の方がクールといった印象があります。逆にエコー検査の際、赤ちゃんの顔まで見せてくれようとするのは女性医師が多いという声もあります。性別の違いにより、気遣いのポイントが変わるのは仕方のないことかもしれません。とはいっても、やはり男性医師に対して抵抗がどうしてもぬぐえないという場合もあります。また、人によっては夫が嫌がるという事情もあります。

最初から女性医師を希望していても、見つけ出すのは簡単ではありません。医師の中では女性の割合の多い産婦人科ですが、それでも3割程度です。単純に考えると、女性医師に診てもらえるチャンスが3分の1しかありません。

参考:女性医師の年次推移 - 厚生労働省

一方で女性の半数以上が女医さんを希望しているため、女性医師がいる病院は混む傾向にあり予約が取りづらいといった問題もあります。

結局どっちがいい?私からひとこと


結局どっちがいい?私からひとこと

産婦人科の場合、とくに男性医師に抵抗があるという人が少なくありません。また、本人は気にしていなくても、ご主人が気にするというケースもあるでしょう。

私は、お医者さんは男性でも女性でも「お医者さん」という目で見ているので、きちんと丁寧に診てくれる人ならば、個人的にはどちらでもいいと思っています。でも、友人の中には「絶対に女医さんがいい」という子もいれば、「旦那に女医にしろって言われた」という子もいました。

確かに、女医さんのほうが話しやすかったり、女性ならではの悩みに共感してもらえたりということがあると思うので、女医が在籍している産婦人科のほうが安心かもしれません。

男性医師にしても女性医師にしても、プロ意識がしっかりとしていて、責任感のある先生でなければお産という重大事を任せることはできません。女性のお医者さんにこだわるあまりに、狭い選択肢に縛られてしまうのも問題があります。しかし妊娠・出産・産後とメンタルが不安定になる時期だけに、少しでも心が安らかでいられることは重要なポイントとなります。 先輩ママから話を聞くなど、周囲の意見を取り入れながら慎重に病院選びをしていきましょう。